重症仮死で生まれ、てんかん、脳性麻痺と重いハンデを負った娘の日常の記録と日々のあれこれ☆
リハビリ入院 その4〜OT&ST編〜
2010年01月30日 (土) | 編集 |

前回の【リハビリ入院その3】の続きです。忘れて頃に更新w


 


OTもPTと同じく毎日あります。STは週に1回お休み。


 


OTの訓練は、手足の感覚刺激や食事の姿勢の取り方など


動画アップが出来ない(分からない)ももママ


写真がほとんどなくて・・・・



このカラフルなボールスイッチ入れると、ガタゴト動いて


いいおもちゃでした。(外国製)


あとは、ジャラジャラ飾りやモール、光おもちゃなどで遊んだり


大豆や小豆を、ざるやたらいにたくさん入れて、その中に手や


足を入れて握らせたり、踏ませたり・・・。


ももの場合は、刺激が入りにくいので少し強めで


 


あと、洋服の脱がせ方や着せ方などもやったなぁ


 


 


♩ *゜・+♪*゜・+ ♫ *゜・+♬*゜・+ ♩ *゜・+♪*゜・+ ♫ *゜・+♬*゜・+


 


 


STでは、コミュニケーションの取り方や食事(嚥下)の訓練、


食事形態の確認、抱っこや椅子の姿勢など。


 



お口の中のマッサージ(刺激)のやり方


内側(頬)や歯茎、舌などを刺激。半分寝てますが


 


この椅子は、OTの先生の指導の元ほとんどママが造ったよ


   


頭を支えてるのが、ここで言う「くねくね棒」(自由自在)


足が「ぶら〜ん」とならないように・・・でもすぐピーンとしちゃうのよね


でも、この椅子もほとんど使わずに(入院してたので)サイズオーバー


なので、このM宮病院に引き取ってもらいました


今頃、誰かの役に立ってるといいなぁ


 


 


少しボケてるけど・・・お部屋での食事風景



スプーンは持たせてるだけよ(;^ω^A ァセァセ


この時は、ほとんど食べれなかったなぁミルクメイン


薬だけは、ジュースをとろみ剤でゼリーみたいにして


食べさせてました。しかし・・・髪の毛ないなぁww


 


 


 


訓練で、ポイントとなるところを写真にとって、家に帰ってからも


自分でリハビリ出来るようにと「訓練ファイル」を作りました。



PT・OT・ST別にももママはPCにて写真を取り込み作成


 



それを、それぞれの担当の先生に見ていただいて


要点の確認とあれば訂正をお願いしてました。


 


アルバム風にしてるママさんや、同じPCでもすごく分かりやすく


まとめているママさんもいました


ももママのも、わりとうまく出来てるでしょ自画自賛(笑)


 


では、次は番外編って感じかな?そのうちにします


 


 


ブログランキングに参加しています


よかったら「ぽちっ♪」と応援してくださいね


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へにほんブログ村 病気ブログ てんかんへ 

スポンサーサイト

リハビリ入院 その3〜PT編〜
2009年09月15日 (火) | 編集 |
前回の【リハビリ入院その2】の続きです


入院の目的は運動機能の向上ともう一つ、てんかん薬の調整もありました。

その時飲んでたのは「デパケン」と「マイスタン」

入院当初、このマイスタンの副作用で眠気がひどく、筋緊張も低下するのでぐにゃぐにゃで訓練もままならず、発作にも効果が見られなかったので徐々に減らして中止することになりました。

今じゃ考えられないけど、何されても爆睡



マッサージうけてるおっちゃん状態 あっ!おばちゃんか(笑)





でも、薬が抜けていき入院のリズムにも少しずつ慣れ、朝一の訓練を外してもらったりしてうまく調整ができ始めると訓練も起きて受けれるように

うつ伏せで頭おこしてみよう




はいポーズ






おっちんしたり、たっちも頑張ったよ

   

左の青い姿勢保持具は「ラブモーリー」って言って4万円近くするんだってこの手の道具や器具はお高いよね




あと「はいはい器」にも挑戦しました。これも、椅子同様作れるんですがももにはまだ必要ないかな?ってことでやめました



足に刺激を入れると、蹴って少し進めたよ...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪




頭があがるといいんだけどね 手もピーンとしちゃうのよね

蹴ったら動く「あっ!楽しい」ってなるといいんだろうけど・・・。
でも、少し進んだ時のすごく嬉しかったことを今でも覚えています


それから、お家に帰ってからもできる様に訓練ノートも作りました(*^-゚)vィェィ♪


それはまた次の機会に書きたいと思いますφ(・ω・。)かきかき



おまけ



もものあんよですよぉ〜 




ブログランキングに参加しています
ちっちゃなわたちも『ぽち』っと応援してくだしゃい

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へにほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへにほんブログ村
リハビリ入院 その2
2009年08月23日 (日) | 編集 |
〜リハビリ入院中のある1日のスケジュール〜


7時すぎ  起床 ミルク

8:15〜9:10   朝寝

10:10〜10:50  ST

11:15〜11:55  OT

    昼食&ミルク

13:00〜13:50  昼寝

14時過ぎ    ミルク

15:15〜16:15  PT

16:30〜17:10  お風呂

18時頃     ミルク

19:20〜20:40  寝ぐずり・・その後1時間寝る

21時      消灯

22時頃     ミルク飲んでしばらくして就寝


この日は、訓練が全部(STは週1日休み)とお風呂(週3日)がある日で、超ハード

訓練の時間割は、前日の夕方にそれそれもらえるので、もらったら予定を書き込んでこの時間にミルクを飲ませる・・・・などと予定を立ててました。そうしないと無理〜((+_+))


ももは、このとき哺乳瓶でミルクや体重減少の為エンシュアなども併用して飲んでたけど、元々飲むのが下手なので時間がかかる

飲んですぐは訓練できないので、合間を見つけては飲ませて・・・ホントバタバタしてましたね


この頃は、夕方の寝ぐずりもひどくてホント、みんなには迷惑かけましたね



この頃は、この姿勢が落ち着いて好きだったももたん
泣きつかれて寝ています(★´-ω-).。oOO グゥグゥ ちっちゃくてかわいい


買出しにいけないももママに代わり買ってきてくれたり、『抱っこしとくから先食べ〜』とか言ってくれたり・・・いい人たちに恵まれましただから、今も友としていられるのでしょうね



ちなみに、消灯後は部屋の電気は消さないといけないですが、ベッドサイドの電気をつけて集まり座談会子どものことや、今までの事やその他もろもろ・・・いろんな事を話したっけ。

向いに、コンビニがあるのでアイスやお菓子、時にはおでんを買出しに行って、夜食も食べたっけおかげで太ったけど(;^ω^A ァセァセ




もものように、消灯後や夜中ぐずって大泣きする子は、いくら仲がよくてもマナーとして部屋の外であやします。(すぐ泣き止む子は別だけど・・・)プレイルームであやしてると、大概看護師さんが来てくれて、空いてれば個室や2人部屋に案内してくれます。

泣き止むまででもいいし、布団持ってきてそのまま朝まで使ってもよかったので助かりました



朝帰りもももたんですo(_ _*)ヾ(・ω・*)ォ?♪
布団に乗せたまま、部屋に戻ってきたけど・・・全然起きない



そうそう・・・付き添い食なんですが、これまた味が薄くてお世辞にも美味しいとは言えない
買出しとかいけないと思ってたから、最初は頼んでたけど同じ部屋のママに聞いて2日ほどでやめちゃいました

部屋にはミニキッチンみたいなのがあって、100℃近くのお湯(飲料用)が出るので、カップ麺なども

詰め所にはレンジもあったので、近くのスーパーでお惣菜など買ってきて(もちろん割引シールつきメインで)「チンするご飯」をチンして食べてました((美^〜^味))モグモグ♪

美味しい「たこ焼き」や「お好み焼き」屋さんもあって、別の部屋のママが『買いに行くけどいらない〜?』って声をかけてくれたり・・・と人見知りのももママなのに、ずいぶんと他の部屋のママとも仲良くできたのは、もものお陰かな??




次回は、訓練の様子など綴りたいと思います





『今日は、お昼にひじぎごはんとすいかジュースを飲んだよ
        お洋服もすいかなの。かわいいでしょ
          


ブログランキングに参加しています

『ぽち』っと応援オネガイシマ─ス(((uωu〃)ペコリン♪

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

リハビリ入院 その1
2009年06月27日 (土) | 編集 |
ももたんは、9ヶ月になる月の2008.1〜3までの2ヶ月間、M病院にリハビリ母子入院しました


その時はまだブログをしてなかったのですが、記録として残しておきたいと思い、その頃の日記や記憶の糸を辿って書いていこうと思いますφ(・ω・。)かきかき




【入院するまでのいきさつ】

市の保健所に、M病院の先生が2ヶ月に1回療育相談に来られてるようで、12月にその療育相談の日があって、保健師さんがももの為に予約を入れといてくれました。保健師さんはこの3月で退職されましたが、とても気にかけて下さり本当にお世話になりました

その療育相談でももの生まれてから今までの事をお話して、先生はももを抱っこしたり、体を触ったり動かしたりして『てんかんの治療もあるけれど、入院して出来る(リハビリ)こともたくさんあるので入院してみませんか?合わせててんかんの薬調整もしましょう』と言われました。

ママはリハビリ入院の事は知っていましたが、人気で予約がいっぱいなのを知ってましたから、今日はももの体とかを見てアドバイス的な事を言われるのかな?と思っていたのでびっくりでした

そこから、12月末に診察予約が取れ(仕事納めでした)A先生がご自分にあてた紹介状を頂いて、M病院にももと2人で行きました(パパは年末大忙しだからね)

久々の大阪市内でしかもママ運転、事前にどういけば早く着けるかなどで地図を見て念入りチェックしました。当日はナビにも助けられ、なんとか迷わずに行けました(A;;´Д`)ゞハァ〜・・・


外観はもちろん、中もホテルみたいにきれい受付も、ホテルのフロントのようでしたようちの病院が古いせいもあるんですけどね(^_^;)

入院は普通予約待ちでいっぱいのようですが、時期(年末年始)もよかった点と、てんかんの治療を診てくれる先生が1月2月は空いてるとかで早々の1/7から入院が決まりました。これまたおどろきでした


診察が終わってから、部屋や訓練室・お風呂なども見学させてもらいました
部屋は4人部屋で、まるで居間のような感じ。真ん中に小さなカーペットが何枚か敷いてあって入り口で履物をぬいではいります




        ☆∵☆∵☆∵☆∵☆∵☆∵∵☆∵☆∵☆∵☆∵☆∵☆∵



さて、年が明けていよいよ入院当日。事前にもっていく物リストを作り(とはいえ、それまでに2度母子入院してるので、この辺は慣れなものです慣れたくないけど)忘れ物がないように荷物を詰め込んだたくさんの荷物をもっていざ出発


到着して、看護師さんの案内で病室へ。ちょうど、年末で帰った人が多くもものお部屋には1組だけで、好きな場所を選ぶことができました(*^-゜)vィェィ♪

看護師さんの助言を受け、柱のところにくぼみがあり少しスペースがあるし、暑がりなので窓際にしました

  片付け中です



タンスや、冷蔵庫もあります。冷蔵庫は1日50円。TVは1日単位で有料でしたが、見ないので使いませんでした(ワンセグあるしね


一緒のママは東京から来た人でお子さんは8歳の笑顔のかわいい女の子した人見知りなももママは、初の大部屋入院で『うまくやっていけるかな?仲良くなれるかな?』と不安でしたが、このRちゃんのママのお陰で色々教えてもらったり、うまく溶け込むことが出来たと思います


でもその日の朝方(5時前かな?)ももが起きてきてミルクを作ろうと(この頃は哺乳瓶で飲んでました)ベッド頭にある電気を点けたら『ママ〜電気つけなきゃダメ〜?』って声が『えっっ??す・すいません』と慌てて消して、薄暗かったけどミルク作って部屋を出てプレイルーム(マットが敷いてある遊び場)で飲ませました

パパに『こんなんあってん・・・』ってメールして『初日から怒られて・・・うまくやっていく自信ないよ』って凹んでました

次の日、再び謝ったけど別に気にしていない様子東京弁だから??冷たく聞こえただけだったようで、1週間しか一緒じゃなかったけど気さくでチャキチャキしたママさんでした。



この後、一緒になったママ達とは今でも仲良し部屋ごとに、カラーと言うか雰囲気が違うけど、うちの部屋はかなりにぎやかで、ママはみんなおバカさんだったので(笑)最初こそ気を使いましたがすぐにそれもなくなり、お互いの子どもを抱っこしあったり、面倒見たりとかして本当に楽しい2ヶ月でした



では、続きはまた後日(いつになるやら)にしますね





    ブログランキングに参加しています
     『次回をお楽しみに


            1日1回
「ぽち」
っとわたちを応援してね

                 にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
                 にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ